後脛骨筋機能不全障害

同業者やアスリートも絶賛する
後脛骨筋機能不全障害
専門施術

のべ6万人以上の実績
同業者に指導する国家資格者が施術

岩屋駅徒歩1分

土日祝日も営業|予約優先制【いわや鍼灸整骨院】

いわや鍼灸整骨院では、
東洋医学に科学的アプローチを取り入れた、
後脛骨筋機能不全障害の専門施術を行っています。

「インソールを入れても偏平足が治らない」
「よく足首を捻挫する」
「内くるぶしの辺りが痛い」
「外反母趾治療をしても改善しない」

「長く足底腱膜炎に悩まされている」

そんなつらい後脛骨筋機能不全障害でお困りでしたら、
当院にご相談ください!

当院の後脛骨筋機能不全障害専門施術

後脛骨筋とは

後脛骨筋とは、ふくらはぎの一番深い層にある筋肉のこと。イラストの通り、下腿の中心を通り、内くるぶし(内果)の後ろを通過した後、足裏の骨につきます。

主に足首の関節を動かす際に使われます。例えば背伸びをする動作の時の「底屈」や、内側にひねる動作の「内反」に関与しています。特につま先立ちやジャンプ・ランニングなどの動作では、底屈の動きが起こるため後脛骨筋がよく使われます。
底屈などの動作だけでなく、足裏のアーチを保つことも後脛骨筋の大切な役割のひとつ。3本あるアーチの内、内側のたてアーチを保持してくれています。

後脛骨筋機能不全障害とは

後脛骨筋機能不全障害とは、過度な運動やぶつかった時の衝撃などで後脛骨筋に繰り返し負荷がかかることで起こります。筋が部分断裂し機能不全を引き起こし、足裏のアーチを保つ力がなくなるため偏平足になってしまう状態です。

内くるぶしや足裏に痛みが生じますが、初期段階では程度は軽く痛みを感じない方も。痛み自体は弱いものの初期でも内くるぶしの下に腫れなどの症状は見られます。この状態で放置すると、徐々に症状は進行。痛みが強くなり、体重をかけたり、つま先立ちをすることができないほどになります。
ところが病院でレントゲンを撮っても、骨に異常は見られないため「異常なし」という診断が出されるケースがほとんどです。

徐々に症状が進行すると、かかとの骨(踵骨)が内側にかたむいてしまう場合があります。その状態で足をそろえて立った時に後ろから見ると、かかとはハの字の形に、足の指は小指側に多く飛び出て見えます。これが後脛骨筋機能不全障害の方に多く見られる身体的な特徴です。

足底のアーチと後脛骨筋機能不全障害が引き起こす疾患

後脛骨筋機能不全障害におちいると、足裏の3本のアーチの内、内側のたてアーチを保持することができなくなるのは前述の通りです。
では、足裏のアーチがなくなると、どういった障害がおこるのでしょうか?

足底のアーチとは内側たてアーチ・外側たてアーチ・横アーチの3本で構成されていいます。これらのアーチは、地面と足との間にすき間ができるような構造になっています。
いわゆる「土踏まず」がこのすき間です。

足底アーチには、私たちが活動する上でとても大切な4つの役割を担っています。

  1. 地面から受けた衝撃の吸収
  2. 地面を蹴りだす力の発揮
  3. 足底にある筋肉や神経の保護
  4. 重心のバランスコントロール

後脛骨筋機能不全障害におちいると、これらのアーチが十分に機能できず足に大きなダメージが与えられます。また重心のバランスが狂うことや、衝撃が足底からスネに直接伝わることになるため、足のみでなくその影響は全身に及ぶ可能性があります。

≪後脛骨筋機能不全によって引き起こされる代表的な疾患≫
外反母趾
足底腱膜炎
モートン病
ジャンパー膝
シンスプリント
ランナー膝

そのほか、さまざまな下肢のスポーツ障害に関連する可能性があります。
こうした疾患の患者様の中で「ほかの病院などで治療を行ったけれども改善が見られなかった」という方が大勢ご来院されますが、当院でよく検査してみると後脛骨筋機能不全障害が関与しているケースが多く見られます。根本の原因に対するアプローチがなければ、当然、これらの症状が改善されることはありません。

当院の後脛骨筋機能不全施術とは

後脛骨筋機能不全障害とそれにともなう疾患の早期改善のカギは、早めの正しい処置と根本改善です。
「どうせ良くならない…」と諦めず、お早めに当院にご相談ください

当院で施術をうけるメリット

1.悩みの原因を見つけることができます。

同じような症状でも、根本の原因や症状の進行度合い、生活におけるお悩みは人それぞれ。つまり患者様によって適した施術法は異なるということです。

当院ではさまざまな疾患や検査法を熟知したプロフェッショナルが施術を担当。正常な骨格や可動域との比較、原因となる筋肉の特定、SFMA(選択的・機能的動作評価)など様々な視点から分析し、患者様お一人おひとりにあった最適な施術を行います。

2.専門的な知識を備えた国家資格保持者が施術

当院の施術スタッフは全員が厚生労働省許可の国家資格を持っています。
解剖学・生理学・整形外科学や経穴などの東洋医療など、さまざまな研修・セミナーを修了したいわば『身体のスペシャリスト』
実績のべ6万人以上の圧倒的な臨床経験を元に、安全で質の高い技術を提供します。

3.ホームケア、フォーム指導など治療以外のケアも充実

当院で過ごす時間は、患者様にとって一週間の内、わずか30分ほど。残りの時間をどのように過ごしていただくかで、施術の効果は大きく変わってしまいます。
そこで当院では、院での施術だけでなく院を出た後の過ごし方も重要視しています。
どのような身体の使い方をすれば症状が出ないか?
もし症状が出た時は家でどんなケアができるか?
などアフターフォローを徹底しております。

施術例

後脛骨筋機能不全障害に特化した「東洋医学+科学的アプローチ」で早期改善へ

当院の施術は、患者様の症状・状態を「東洋医学+西洋医学」の観点から詳しくお調べすることから始まります。
現在、お悩みの症状がなぜ起きているのか?お身体はどんな状態なのか?を独自の検査によって導き出します。
検査結果を患者様ご自身に詳しくご説明した上で、それぞれの症状やお身体の状態、目指すゴールに合わせて最善と思われる施術プランをご提案します。
そのため、初診時には検査~施術終了までに約1時間ほど、お時間をいただいております。

● 鍼灸施術

後脛骨筋は、ふくらはぎの深層部分にあるため、マッサージや低周波治療器などの電気施術では十分な効果が得られません。鍼灸は深層にある筋肉にも直接アプローチをすることができるため、後脛骨筋機能不全障害の施術に用いています。

当院では、後脛骨筋が本来もっているアーチを保持する機能の回復を目的に鍼灸施術を行います。後脛骨筋に刺激をあたえることで、神経の伝達を活性化し本来の働きを取り戻します。

● MORACT(モアクト)テクニック

MORACTとはMore(もっと)Active(動きやすく)をかけ合わせた造語。身体をより動きやすくするための施術です。
特殊な金属性のブレードで患部をさするようになでるテクニック。ソフトな刺激ですが、感覚のリハビリや動作パターンの向上、長期的な組織の変化などの効果が期待できます。

後脛骨筋がスムーズに働くためには、周囲に存在する前脛骨筋・下腿三頭筋の緊張を取り除く必要があります。関連する筋肉同士が癒着せず、なめらかに動かすよう促すのがこのMORACTテクニックの特長です。


一口に後脛骨筋機能不全障害といっても人によって症状や原因は様々です。
当院では徒手検査に加えて『骨格分析(静的評価)』と『SFMA(選択的・機能的動作評価)』という最新の検査を行いしっかりと評価し検査結果をふまえたうえで、あなたの症状に合わせたオーダーメイドの施術プランを提案いたします。


後脛骨筋機能不全障害専門施術の料金

通常価格:
3,300〜6,600円

(初診時:別途初診料2200円)
※症状、施術内容、施術時間により異なります。施術前に必ずご説明させていただきますので、ご安心ください。

当院について

当院の施術者は全員、厚生労働省許可の国家資格を持っています。

〒657−0845
神戸市灘区岩屋中町4丁目3番14号 2階
詳しいアクセス方法はこちら>

TEL:078-779-1202

(スマホの方は番号をタップで電話がかかります)

営業時間日・祝
10:00~19:00
【24時間受付】LINE・WEBフォームからのご予約・お問い合わせ