腱鞘炎

腱鞘炎は職業病と思っているあなたへ

腱鞘炎 専門施術

のべ6万人以上の実績
同業者に指導する国家資格者が施術

岩屋駅徒歩1分
【土日も営業・予約優先制】いわや鍼灸整骨院

いわや鍼灸整骨院では、
東洋医学に科学的アプローチを取り入れた、
腱鞘炎の専門施術を行っています。

腱鞘炎でこんなお悩みはありませんか?
「ペットボトルを開けようとした時に手首が痛む」
「手首が痛くて子供を抱っこするのが辛い」
「キーボードを打っているときに手が痛い」

そんなつらい腱鞘炎でお困りでしたら、
当院にご相談ください!

当院の腱鞘炎専門施術

腱鞘炎の症状とは…

以下のような、手首や指の関節の症状はありませんか?

心当たりのある方はもしかしたら腱鞘炎かもしれません。

  • パソコン作業中、キーボードを打つ時に手首に痛みがある
  •  ペットボトルやビンのふたを回すと手首が痛い
  • 手が痛くて子どもを長時間、抱っこできない
  • 大きなお皿を持つと親指の付け根が痛む
  •  スマホを片手操作していると親指の付け根が痛い
  • 指の曲げ伸ばしの時に引っかかるような感覚がある

腱鞘炎のメカニズム

腱鞘炎をご理解いただくには、まず手の構造から。

手には図のように筋肉を骨と結合する「腱」がたくさん走っています。指や手首の曲げ伸ばしは、これらの腱が筋肉の力を先端まで伝えることで起こります。
ちなみに図は手の甲から見たもの。「伸筋腱」とあるのが、指を伸ばす方向に働きます。逆に手のひら側には指を曲げるための「屈筋腱」が走っています。

腱鞘(けんしょう)とは、その腱がスムーズに動けるように支えるための組織。ちょうどパイプのような構造になっていて、通常は腱がその中を滑らかに動いています。

腱鞘炎とは、この腱鞘と腱が何らかの理由でこすれ合い炎症をおこす病気です。

腱鞘炎の種類

指や手首には多くの腱と腱鞘があるため、発症し得る部位は複数あります。
特によく見られるのが以下の2種類の腱鞘炎です。

● ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

ドケルバン病は手首の親指側にある腱鞘と「長母指外転筋腱」・「短母指伸筋腱」に炎症がおきることで生じます。
この腱は親指を伸ばしたり、広げたりする働きを担っています。親指の使い過ぎにより負荷がかかり、腱鞘が分厚くなり(肥厚)腱表面が傷つくことで炎症が起こります。
その状態で腱が腱鞘の中を動くたびに擦れて、手首に痛みを生じさせるのがドケルバン病です。

【ドケルバン病の特徴】
・親指を曲げたり広げたりする動作で手首が痛む
・手首の親指側に腫れがある
・物を掴んだり握ったりすると痛みが生じる
・症状が悪化すると、手に力が入らなくなる

≪こんな方に多い症状です≫
・長時間、お子様を抱っこし手首・親指を酷使する方
・キーボードでの入力作業やマウス操作を長時間する方
・料理人や美容師さんなど手や手首を酷使する職業の方
・ピアノやフルートなど指をよく使う楽器の演奏者
・スマホを長時間、片手で操作する方

いわゆる親指・手首のオーバーユースが原因で起こるドケルバン病ですが、実は女性の患者様に多いと言われています。
妊娠・出産期や更年期にホルモンバランスが乱れる影響すると考えられています。

● ばね指(弾発指)

手の指の腹側には図のように、指を曲げる屈筋腱とそれを支える「靭帯性腱鞘」が走っています。その腱と腱鞘の間で炎症が起き腱鞘炎となることがありますが、さらに症状が進み”ばね現象”が見られるようになると『ばね指』と呼ばれます。

ばね現象とは、指の曲げ伸ばしの際にバネのように引っかかりが起き、動きが悪かったり、痛みが生じる症状のこと。
例えば指を閉じた状態から開こうとすると、カクっと急に指が伸びるような症状が見られます。

腱鞘が何らかの原因で炎症を起こし分厚くなり、腱と擦れて痛みが生じます。さらに擦れることで腱も炎症を起こし太くなり、腱鞘を通る際に引っかかりが起きます。そのため、指が曲がったまま戻りにくくなり、無理に力を加えると引っかかった部分を通過するタイミングでばね現象が起きるというメカニズムです。

【ばね指の特徴】
・手のひら側の指のつけ根が痛む
・指のつけ根や指に腫れが見られる
・指を押さえた時に痛みや熱感がある
・手の指の曲げ伸ばしがスムーズに出来ず、途中で引っかかる感じがある
・朝、起きた時に特に手の指の動かしにくさを感じる

≪こんな方に多い症状です≫
・更年期の女性
・妊娠・出産期の女性
・テニスやゴルフなど手の指をよく使うスポーツをする方
・糖尿病・リウマチ・透析患者の方

当院の腱鞘炎専門施術

腱鞘炎の症状を改善するために一番重要なことはなるべく早く治療を開始すること。

「少し安静にしていれば痛みは落ち着くから…」
「痛み止めを飲めば何とかやり過ごせる」
「湿布を貼れば治るだろう!」
と思って医療機関に相談にいかないまま放置するのはNGです!

炎症があるにも関わらず鎮痛剤や湿布などで痛みだけをごまかし、いつも通り手や指を使ってしまうと腫れた腱鞘と腱の摩擦はさらに深刻化し、症状は悪化してしまいます。
症状が進行すればするほど、完治までの道のりは長くなってしまいます。自己判断をせず不調を感じたら早めにご相談ください。

腱鞘炎に特化した「東洋医学+科学的アプローチ」で早期改善へ

当院の施術は、患者様の症状・状態を「東洋医学+西洋医学」の観点から詳しくお調べすることから始まります。
現在、お悩みの症状がなぜ起きているのか?お身体はどんな状態なのか?を独自の検査によって導き出します。
検査結果を患者様ご自身に詳しくご説明した上で、それぞれの症状やお身体の状態、目指すゴールに合わせて最善と思われる施術プランをご提案します。
そのため、初診時には検査~施術終了までに約1時間ほど、お時間をいただいております。

施術例

● 鍼灸施術

 鍼灸の歴史は非常に古く、約2000年以上も昔から続いている伝統的な医学です。「古臭い…」というイメージをお持ちかもしれませんが、それは誤解です。
実際、アメリカやイギリスなどの先進国でも医師と並んで、鍼灸施術は一般に受け入れられているそうです。

鍼灸が身体に作用するメカニズムはすべてが解明されているわけではありません。
しかしながら、生体機能の調整や血行促進作用、免疫力の活性化作用などによって、それぞれの疾患に効果が見られると考えられています。

実際、当院の腱鞘炎患者様の多くは初回の施術から、痛みの緩和を感じていらっしゃいます。

● テーピング療法

 患部の炎症を鎮めるのと同様に重要なことが、炎症を起こしている部分にかかっている負担を軽減すること。日頃の姿勢や身体の使い方が患部へのストレスになり腱鞘炎につながります。

当院では鍼灸や特殊電気施術での炎症と痛みの軽減と並行して、症状に合わせてテーピング療法を行います。
テーピングと言えば、関節をガッチリ固定してしまうイメージが強いと思います。しかし、そうした固定力だけのテーピングでは、患部に負荷がかからないとしても、日常のちょっとした動作に制限がかかるため不便な思いをすることも。当院のテーピング術は【日常生活動作に支障がない】特殊なテーピングを行っています。
テーピングをしたまま日々の育児や家事はもちろん、お仕事も普段通りにこなしていただけます。

● 整体施術

 腱鞘炎患者様の中には、実は頸椎・胸椎の歪みから、うまくお身体を使うことができず手や指に負担がかかってしまっている場合が多く見られます。そうした不良姿勢が引き金で腱鞘炎を併発している場合には、根本改善のための整体施術をオススメしております。
当院では、症状やお身体の状態に合わせて、さまざまな骨格矯正術をご用意しております。

矯正と聞くと「ポキポキ骨がならされる…」「痛そう…」というイメージが付きまといますが、当院ではそういった施術は一切行いません。
安全性を第一にソフトな施術のため、幼稚園のお子様からご高齢の方まで安心して受けていただいております。


徹底したセルフケア指導で『治療いらずの身体』を目指す

一般の整骨院では、すぐにマッサージを行い、「ここが凝っていますね」「血行が悪いからです」「運動不足です」といった身体の説明をする院が多く見られます。

しかしそれでは、患者さま自身で、腱鞘炎の原因や身体の状態を理解することはできません。悪いクセを抱えたまま、再発を繰り返すだけなのです。

当院では、腱鞘炎を招いた原因や改善策をしっかりとご説明したうえで、

・ストレッチやエクササイズ
・立ち方や座り方

スポーツ時のフォーム
・ツボ押しケア
・食事や栄養の摂り方

など、自宅で行えるセルフケアを徹底して指導しています。

正しい身体の使い方を脳にインプットし、無意識にきれいな動きを再現(アウトプット)できるようになれば、必ず健康は取り戻せます。『治療いらずの身体』を一緒に作っていきましょう。


【患者様の声】

長年の職業病でも改善できる!

◎70代/女性/飲食店経営/尼崎市
仕事柄、料理をする時も、お食事や飲み物を運ぶ時も手首と親指を酷使するため、けんしょう炎になってしまいました。
職業病だと諦めて湿布でごまかしていましたが、お茶碗を持つこともできなくなり来院しました。こちらの院で診ていただいたところ、その日のうちに親指とつけ根の腫れが引いて痛みもほぼなくなりました。治療の最後には、仕事に支障がないようにとテーピングをしてくれました。
長年の職業病でも改善できるなんて、もっと早くに相談していればよかったです。お陰でこれからもお客様に美味しい料理がふるまえます。

体の痛みに悩む母親の味方の整骨院です。

◎30代/女性/主婦/神戸市
子供が産まれ、大きく育ってくれたおかげで、生後6ヶ月頃腱鞘炎になり、家事はもちろん、箸を持つのでさえも手首が痛くなり、このままでは子供を抱っこすることもできないのではと近所の整形外科へ行きました。はっきりとした病名も告げられず、「抱っこの仕方を改善するしかない」と言われ、痛み止めの注射を打ってもらうことしかしてくれませんでした。痛み止めも半日ももたず、なんの解決にもならず、ネットで「腱鞘炎」で神戸市内の整骨院を探し、こちらが子連れOKということもあり訪れました。
腱鞘炎の中でもどういった腱鞘炎なのか、原因、どこが痛むのか、どのような動作で痛みが出ているのか、詳細をヒアリングしてくれました。1回の治療だけでも随分と痛みが取れ、数回治療しただけで、日常の生活を取り戻せ、苦痛だった子供の抱っこもスムーズにしてあげられるようになりました。 針、電気、ハンドケア、テーピングとさまざまなアプローチをしてくれます。いまも通っていますが、いまではほとんど痛みはありません。 テーピングもガチガチに固められると家事ができませんが、生活しやすいよう補助してくれる巻き方をしてくれるので、こちらのことを考えてくれているなと感じます。
いまは腱鞘炎と並行して骨盤矯正も行なっています。治療後は体が10kgぐらい減量したのかと思うぐらい軽くなります(笑)生活習慣なども聞いてくれながら治療を進めてくれるので、なんでも相談しやすいです。 生後8ヶ月の息子も毎回一緒に通っていますが、いまでは整骨院に慣れ、私が治療中は楽しく遊んでもらっているようです。 整形外科でなにも解決せず、すぐにいわや鍼灸整骨院さんに行き、本当によかったです!親身で気さくなスタッフさんばかりで、体の痛みに悩む母親の味方の整骨院です。

丁寧な説明で好感が持てる整骨院です。

◎60代/男性/会社員/神戸市
長らく痛めている腱鞘炎の施術のために通院しています。 痛みの個所や現象からその原因を解説してくれてピンポイントの施術を行ってもらっています。 気さくなスタッフさん達と丁寧な説明で好感が持てる整骨院です。 完全に痛みがなくなるというゴールを目指して通院します。よろしくお願いします。

その他、腱鞘炎の患者様のお声はこちら

腱鞘炎専門施術の料金

通常価格:
3,300〜6,600円
(初診時:別途初診料2200円)
※症状、施術内容、施術時間により異なります。施術前に必ずご説明させていただきますので、ご安心ください。

当院だけの東洋医学+科学的アプローチで腱鞘炎の原因を徹底的に解消します。
まずは専門家によるカウンセリングを。
カウンセリングのご予約は【ご予約・お問合せページ】から承ります。

当院について

当院の施術者は全員、厚生労働省許可の国家資格を持っています。

〒657−0845
神戸市灘区岩屋中町4丁目3番14号 2階
詳しいアクセス方法はこちら>

営業時間日・祝
10:00~19:00

TEL:078-779-1202

(スマホの方は番号をタップで電話がかかります)

【24時間受付】LINE・WEBフォームからのご予約・お問い合わせ