胃腸の不調

伝統的東洋医学+栄養学で体質改善
胃腸の不調
専門施術

のべ6万人以上の実績
同業者に指導する国家資格者が施術

岩屋駅徒歩1分

土日祝日も営業|予約優先制【いわや鍼灸整骨院】

いわや鍼灸整骨院では、
東洋医学に科学的アプローチを取り入れた、
胃腸の不調の専門施術を行っています。

こんなお悩みはありませんか?
「近頃、胃もたれを感じる」
「よく腹痛を起こす」
「お腹が張っている」
「食欲がわかない」


そんなツライ胃腸の不調にお悩みの方は
当院にご相談ください!

当院の胃腸の不調専門施術

私たち人間は、生きるために必要なエネルギーを毎日の食事から摂っています。そのエネルギーを身体に取り込むための働きが『消化・吸収』です。
口から入った食べ物は食道を通り、胃の中でドロドロのお粥状に消化されます。胃で消化された食べ物は小腸と大腸で栄養を吸収。必要のないものは便として排出されていきます。
この消化・吸収の働きがうまく機能していないと、いくら栄養満点の身体に良い食事をしても身体に良い影響は与えてくれません。現代の日本人は社会的なストレスや食生活の乱れなどの影響で、大切な胃腸の働きが弱っている方が多いと言われています。

胃腸と自律神経の関係性

私たちが呼吸や体温調整、消化など生命を維持をする働きを無意識で続けることができるのは「自律神経」の働きのお陰です。この自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、それぞれがシーソーのようにバランスを取りながら交互に働いています。交感神経と副交感神経にはイラストのように相反する作用が。交感神経は主に日中の活動時間や興奮している時に働く神経です。一方、副交感神経は夜、身体を休ませたりリラックス状態のときに働きます。

副交感神経が優位にはたらく時、胃腸は活発になり消化液の分泌や蠕動(ぜんどう)運動が起こります。逆に交感神経が優位に働いている時には消化吸収の働きは抑制されます。

交感神経が優位にはたらくのは活動的な時と説明しましたが、実はストレスを感じている時も交感神経が強く働きます。人間関係や受験、仕事など…現代を生きる日本人は多くのストレスにさらされています。こうした精神的・肉体的なストレスは交感神経を過剰に優位にすることに。すると、胃腸の消化機能は弱まってしまい、胃もたれや腹痛、下痢などの胃腸の不調に結びつきます。
逆に運動不足や日中の活動が不足することで、副交感神経が優位に働きすぎる場合にも胃腸の不調は起こることがあります。副交感神経の働きによって、消化液が過剰に分泌され粘膜が荒れてしまうためです。

胃腸の病気「機能性ディスペプシア」

近年、急増している胃腸の病気「機能性ディスペプシア」。胃もたれやみぞおちの痛みなど、胃の不快な症状が現れる病気です。たしかに本人は症状を自覚しているのに、病院で検査をしても異常が見られないという特徴があります。

機能性ディスペプシアの主な原因はストレスによって自律神経の機能が低下すること。胃が十分に広がらず食べ物を必要な分だけ入れることができない・胃の運動が弱くなり食べ物を十二指腸に送ることができないといった状態になり、食後に胃もたれを感じるようになります。

さらに、胃がさまざまな刺激に必要以上に敏感になる「知覚過敏」の状態におちいると、みぞおちの部分に焼けるような感じを起こす場合もあります。
こういった症状はこれまで「単なるストレス性の胃痛」という風に考えられてきましたが、近年研究が進み「機能性ディスペプシア」というひとつの病気として認識されるようになりました。胃もたれやみぞおち痛のほかに、吐き気やげっぷなど人によってさまざまな症状を引き起こす機能性ディスペプシア。症状によっては満足に食事を摂ることもできず、生活に大きな支障をきたす場合もあるため適切なケアが必要です。

当院の胃腸の不調施術とは

胃腸の不調の原因は人によってさまざま。病院で検査をしても器質的な異常が見られない場合も多くあります。
そんな方も「元々の体質だから…」とあきらめず早い段階で施術を開始することをお勧めします。

当院で施術をうけるメリット

1.悩みの原因を見つけることができます。

同じような胃腸の不調でも、原因や元々の体質は人によって異なります。つまり患者様によって適した施術法は異なるということです。
当院ではご本人からのヒアリング、舌や脈などから診る東洋医学的所見、SFMA(選択的・機能的動作評価)など様々な視点から分析し、患者様お一人おひとりにあった最適な施術を行います。

2.専門的な知識を備えた国家資格保持者が施術

当院の施術スタッフは全員が厚生労働省許可の国家資格を持っています。
解剖学・生理学・整形外科学や経穴などの東洋医療など、さまざまな研修・セミナーを修了したいわば『身体のスペシャリスト』
実績のべ6万人以上の圧倒的な臨床経験を元に、安全で質の高い技術を提供します。

3.ホームケア・栄養指導など施術以外のケアも充実

当院で過ごす時間は、患者様にとって一週間の内、わずか30分ほど。残りの時間をどのように過ごしていただくかで、施術の効果は大きく変わってしまいます。
そこで当院では、院での施術だけでなく院を出た後の過ごし方も重要視しています。
お家での過ごし方の注意点は?
お家でどんなケアができるか?
などアフターフォローを徹底しております。少しでも早く当たり前の日常生活を取り戻せるよう全力でサポートいたします。

施術例

胃腸の不調に特化した「東洋医学+科学的アプローチ」で早期改善へ

当院の施術は、患者様の症状・状態を「東洋医学+西洋医学」の観点から詳しくお調べすることから始まります。
現在、お悩みの症状がなぜ起きているのか?お身体はどんな状態なのか?を独自の検査によって導き出します。
検査結果を患者様ご自身に詳しくご説明した上で、それぞれの症状やお身体の状態、目指すゴールに合わせて最善と思われる施術プランをご提案します。
そのため、初診時には検査~施術終了までに約1時間ほど、お時間をいただいております。

● 鍼灸施術

当院の鍼灸施術では、主に東洋医学の観点から胃の不調に効果があるとされるツボを用いた施術を実施しています。さらに交感神経・副交感神経のどちらかが過剰に働いてしまっている場合には、自律神経のバランスを整える鍼灸が効果的です。また内臓体表反射など、患者様それぞれの体質・症状に合わせた鍼灸施術を選択して行っています。

鍼灸施術によって自己治癒力を高め、身体を治そうとする本来の能力を引き出します。

● 正分子療法

ノーベル化学者ライナス・ポーリングが、人間が生命を維持するのに必要な物質である50種類の分子と元素を「正分子」と名付けました。正分子療法は、これらの50種類の正分子をきちんと摂取することで健康を維持するという栄養療法です。
これらの正分子は、身体の中で作ることができないか、作れるものであっても必要量には至らない量です。さらに50種類のうち21種類は、普段の食事だけでは必要な量の確保ができません。
食事から十分な量を確保できない栄養素をサプリメントで補うことによって体質の改善を促し、胃腸の症状を緩和します。


胃腸の不調は体質だから仕方ない…
そんなことはありません!
当院で体質から改善して一緒に克服しましょう。


胃腸の不調専門施術の料金

価格:
3,300〜6,600円

(初診時:別途初診料2200円)
※症状、施術内容、施術時間により異なります。施術前に必ずご説明させていただきますので、ご安心ください。
※サプリメント購入代金は別途

当院について

当院の施術者は全員、厚生労働省許可の国家資格を持っています。

〒657−0845
神戸市灘区岩屋中町4丁目3番14号 2階
詳しいアクセス方法はこちら>

TEL:078-779-1202

(スマホの方は番号をタップで電話がかかります)

営業時間日・祝
10:00~19:00
【24時間受付】LINE・WEBフォームからのご予約・お問い合わせ