便秘症

伝統的東洋医学+栄養学で体質改善
便秘症
専門施術

のべ6万人以上の実績
同業者に指導する国家資格者が施術

岩屋駅徒歩1分

土日祝日も営業|予約優先制【いわや鍼灸整骨院】

いわや鍼灸整骨院では、
東洋医学に科学的アプローチを取り入れた、
便秘症の専門施術を行っています。

こんなお悩みはありませんか?
「何日も便がでない」
「お腹がいつもはっている」
「便がかたいことが多い」
「トイレに行ってもスッキリしない」


つらい便秘にお悩みの方は
当院にご相談ください!

当院の便秘症専門施術

便秘とは

多くの女性がお悩みの便秘。
肌荒れや体型のくずれにもつながる女性の天敵とも言える存在です。

口から入った食べ物は食道・胃を経て、腸で消化・吸収されます。栄養が吸収された後の不要な残りかすが便として排出されていきます。健康な方であれば1日1~3回程度は排便がおこります。
便秘とは、本来は毎日あるはずの便通が3日以上なかったり、排せつされる量が少なく残便感がある状態を言います。主な症状は、何日も便が出ない・お腹が張る・便がかたい・食欲不振・排便の際に痛みや不快感をともなうなどがあげられます。

便は健康のバロメーターと言われるくらい、身体の状態が現れます。排便があった場合にはその状態を確認することも大切。
もしも便に血が混じっているようなら、特に注意が必要です。
●黒色便の場合:胃や十二指腸などの上部消化管での出血が疑われます。
●鮮血便の場合:大腸や肛門での出血が考えられます。
そのほか、潰瘍性ポリープやがん、炎症性クローン病・血管性虚血性大腸炎などさまざまな病気の可能性があるため、便に異常が見られた場合には早めに専門医に相談することをオススメします。

便秘の分類

便秘にはその原因がはっきりしているもの(二次性便秘)と、はっきりとは分からないもの(突発性便秘)があります。

二次性便秘

1.器質性障害
何らかの器質的な原因によって腸を通過するのに障害がおき便秘の症状が現れます。例えば、腸管の癒着や狭窄・腫瘍による圧迫や、ほかの臓器にできた腫瘍が圧迫をおこしているケース、直腸脱や肛門脱などがあげられます。

2.機能性障害
ほかの疾患が原因になる場合や、その治療のために服用しているお薬によって便秘になる場合もあります。例えば、パーキンソン病や甲状腺機能低下症・糖尿病などの疾患は腸管の収縮を抑制させるため便秘を起こします。また抗コリン剤や筋弛緩剤・抗うつ剤は腸に影響を与え便秘になる場合があります。

突発性便秘

突発性便秘には、一過性単純性便秘と慢性便秘があります。
一過性単純性便秘は、生活環境の変化やストレスなどで生じるもの。普段から便通の良い方でも旅行中は便が出なくなるのが、まさにこれです。
一方の慢性便秘には3つの種類があります。

1.弛緩性便秘
大腸の運動が低下しているためにおこる便秘です。大腸が動かないため便が腸内にとどまり水分が過剰に吸収され便が硬くなってしまいます。
2.痙攣(けいれん)性便秘
自律神経の影響により腸の一部が痙攣をおこすことで便の移動が妨げられ便秘を起こします。過敏性腸症候群による便秘がこのパターンで、便秘と下痢を交互に繰り返します。
3.直腸性便秘
便が直腸に到達しても便意がおこらず直腸に便がたまってしまうタイプの便秘です。高齢者の方やトイレに行くことが恥ずかしいなどで便意を我慢するクセがあると、反射が弱まり便意を感じにくくなってしまいます。

慢性便秘が起きる理由とは?

1.食事と飲水量
便は食べ物の栄養や水分を吸収したあとの残りかすです。ダイエットなどで食事量を少なくしていると当然のことながら、便の大きさは小さくなり便意をもよおしにくくなります。
また水分不足も便秘の原因に。腸に入ってきた食べ物はドロドロの状態ですが、消化吸収の過程で水分を吸収し便を程よい硬さにしていきます。ところが身体が水分不足の状態だと、不足した水分を便から吸収しようとするため、便は硬くなってしまいます。

2.蠕動運動が弱い
栄養や水分を吸収しながら便を運ぶ運動を蠕動運動(ぜんどううんどう)と言います。食べ物や飲み物が口から胃に入ると、それを合図に大腸は蠕動運動を始めます。ところが、蠕動運動が弱かったり動く回数が少ないと腸内に便が滞留し便秘になります。

3.筋力の低下
直腸まで便が届くとその刺激が脳に伝わり、腸に排便するよう命令します。ところが直腸や肛門付近の筋力が低下し、便を押し出す力が弱まると直腸で便が停滞してしまいます。また骨盤底筋群の運動障害が原因となり、便意はあるものの便を排出しきれない状態になることがあります。

4.腸内環境
人間の腸内には100兆個をこえる腸内細菌が存在し、身体の健康に大きな影響を与えています。腸内細菌は、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つに分類されます。善玉菌はその名の通り、身体に良い働きをする細菌で、腸の運動を促したり悪玉菌の増殖を抑える効果も。悪玉菌は腸の中身を腐らせ有害物質を作り出す細菌です。そして日和見菌は、善玉菌・悪玉菌のどちらか優勢な方に加勢する性質があります。つまり善玉菌のほうが多ければ日和見菌は一緒に身体に良い作用を、悪玉菌が多ければ一緒に身体に悪い影響を与えるのです。
悪玉菌が多いと腸の動きは鈍り、便秘になりやすくなると言われています。

当院の便秘症施術とは

便秘にはさまざまな原因がありますが、中には重い病気が潜んでいる場合もあります。以下のような場合には、消化器の専門医への受診を行いましょう。
・便に血や粘液などが混ざっている
・腹痛や嘔吐、発熱などの症状が見られる
・これまで便秘体質ではなかったのに突然、便秘になった
・おなかの辺りにしこりがある

当院ではこういった病気の疑いがない便秘症の方のための専門施術を行っています。
「元々の体質だから…」とあきらめず早い内に施術を開始することをお勧めします。

当院で施術をうけるメリット

1.悩みの原因を見つけることができます。

同じ便秘でも、根本の原因や不調の程度は人によって異なります。つまり患者様によって施術法は違うということです。
当院ではご本人からのヒアリング、舌や脈などから診る東洋医学的所見、SFMA(選択的・機能的動作評価)など様々な視点から分析し、患者様お一人おひとりにあった最適な施術を行います。

2.専門的な知識を備えた国家資格保持者が施術

当院の施術スタッフは全員が厚生労働省許可の国家資格を持っています。
解剖学・生理学・整形外科学や経穴などの東洋医療など、さまざまな研修・セミナーを修了したいわば『身体のスペシャリスト』
実績のべ6万人以上の圧倒的な臨床経験を元に、安全で質の高い技術を提供します。

3.ホームケア・栄養指導など施術以外のケアも充実

当院で過ごす時間は、患者様にとって一週間の内、わずか30分ほど。残りの時間をどのように過ごしていただくかで、施術の効果は大きく変わってしまいます。
そこで当院では、院での施術だけでなく院を出た後の過ごし方も重要視しています。
お家での過ごし方の注意点は?
お家でどんなケアができるか?
などアフターフォローを徹底しております。少しでも早く当たり前の日常生活を取り戻せるよう全力でサポートいたします。

施術例

便秘に特化した「東洋医学+科学的アプローチ」で早期改善へ

当院の施術は、患者様の症状・状態を「東洋医学+西洋医学」の観点から詳しくお調べすることから始まります。
現在、お悩みの症状がなぜ起きているのか?お身体はどんな状態なのか?を独自の検査によって導き出します。
検査結果を患者様ご自身に詳しくご説明した上で、それぞれの症状やお身体の状態、目指すゴールに合わせて最善と思われる施術プランをご提案します。
そのため、初診時には検査~施術終了までに約1時間ほど、お時間をいただいております。

● 鍼灸施術

鍼灸施術で特に効果が期待できるのが、リラックス効果と自律神経の調整、そして自己治癒力を高める効果です。
当院では腸管の運動異常に効果が期待できる腹部のツボへの鍼灸や、東洋医学的アプローチでの体質改善などお身体の状態に合わせて選択します。
また大腸の働きと自律神経には密接な関係があります。自律神経のバランスの乱れを整えることで、症状の改善を促します。

● 正分子療法

ノーベル化学者ライナス・ポーリングが、人間が生命を維持するのに必要な物質である50種類の分子と元素を「正分子」と名付けました。正分子療法は、これらの50種類の正分子をきちんと摂取することで健康を維持するという栄養療法です。
これらの正分子は、身体の中で作ることができないか、作れるものであっても必要量には至らない量です。さらに50種類のうち21種類は、普段の食事だけでは必要な量の確保ができません。
食事から十分な量を確保できない栄養素をサプリメントで補うことによって体質の改善を促し、便秘の症状を緩和します。


便秘は体質だから仕方ない…
そんなことはありません!
当院で体質から改善して一緒に便秘を克服しましょう。


便秘症専門施術の料金

価格:
3,300〜6,600円

(初診時:別途初診料2200円)
※症状、施術内容、施術時間により異なります。施術前に必ずご説明させていただきますので、ご安心ください。
※サプリメント購入代金は別途

当院について

当院の施術者は全員、厚生労働省許可の国家資格を持っています。

〒657−0845
神戸市灘区岩屋中町4丁目3番14号 2階
詳しいアクセス方法はこちら>

TEL:078-779-1202

(スマホの方は番号をタップで電話がかかります)

営業時間日・祝
10:00~19:00
【24時間受付】LINE・WEBフォームからのご予約・お問い合わせ