種子骨炎(種子骨障害)

同業者やアスリートも絶賛する
種子骨炎専門施術

のべ6万人以上の実績
同業者に指導する国家資格者が施術

岩屋駅徒歩1分

土日祝日も営業|予約優先制【いわや鍼灸整骨院】

いわや鍼灸整骨院では、
東洋医学に科学的アプローチを取り入れた、
種子骨炎の専門施術を行っています。

このような症状はありませんか?
「足の親指のつけ根が痛い」
「歩くと足の親指が痛む」
「何度も症状をぶりかえしている」


そんなつらい種子骨炎でお困りでしたら、
当院にご相談ください!

当院の種子骨炎専門施術

種子骨炎とは

種子骨とは、身体の中のある部分の腱や靱帯の中にある小さな骨のこと。植物のタネの形に似ていることから種子骨と呼ばれています。

種子骨は、腱と骨の摩擦の軽減や、腱や筋肉が効率よく動くようにサポートする役割をになっています。実は俗にいう「ヒザのお皿」である膝蓋骨も種子骨のひとつ。ヒザを動かす時に関節に与える負担を軽減してくれています。

人間の足の裏にはイラストのように、親指のつけ根に2つの種子骨があります。足裏の種子骨は、歩行時に親指を動かす筋肉がスムーズに動くようサポートしてくれています。
そんな足の種子骨に何らかの原因で炎症が生じるのが種子骨炎(種子骨障害)です。

種子骨炎とは

足の種子骨に炎症がおこる種子骨炎。小学生から中学生の、陸上やサッカーなどのよく走るスポーツをしているお子様に多く見られます。また大人の方であっても、日常生活での習慣によって種子骨炎を招く場合もあります。

炎症が起こる理由は、歩いたりジャンプ動作の時など、グッと踏み込んだ際に種子骨にくっついている腱が引っ張られるため。踏み込む以外にも、手で足の親指をそらしただけでも、親指のつけ根あたりに痛みが生じます。

症状が悪化していくと、地面に足が着いただけでも痛みが走るほど。痛みと恐怖心から歩くことができなくなるケースもあるため注意が必要です。
また種子骨炎の症状を放置して痛みから逃れるように生活していると、歩き方などのフォームが崩れていきます。すると、腰やヒザ、足首などほかの部位に負担がかかり別の疾患へとつながる可能性もあります。そのため種子骨炎は早めの施術開始が大切です。

種子骨炎がおこる原因とは?

1.負担の蓄積

走る動作の多いスポーツや、剣道・空手などの踏み込む動作が多い格闘技などは、足の親指のつけ根に大きな負担がかかります。また、お仕事などで日常的につま先立ちやしゃがんだ姿勢で作業をすることが多い方も同様です。

2.親指の動き

足の親指の動きが硬い場合、また逆に柔らかすぎる場合にも種子骨炎のリスクは高まります。
まず動きが硬い場合、歩いていて親指のつけ根が地面につくタイミングで、地面からの衝撃をうまく受け流すことができず種子骨に直接強いストレスが加わります。こうした場合、炎症にとどまらず酷い場合には種子骨の骨折にいたるケースもあります。
また親指の動きが柔らかすぎる場合を見てましょう。母趾の動きが柔らかすぎるため、歩行時には正常よりも大きく動き過ぎてしまいます。すると、腱と種子骨との間で反復して摩擦がおき種子骨の炎症へとつながります。

3.足裏の構造の崩れ

足裏にはアーチと言われる衝撃を緩和するための構造が備わっています。いわゆる土踏まずもアーチの部分です。このアーチの構造が崩れた状態、例えば偏平足や甲の高いハイアーチの状態では、足裏全体で分散されるべき衝撃が、つま先の方向に荷重がかかります。つまり足の骨格の歪みが種子骨炎のリスクを高めてしまうということです。

4.靴のえらび方

サイズの合わない靴や、靴底が薄い靴などは、通常よりも種子骨に負担をかけてしまう場合があります。また普段から頻繁にハイヒールをはく習慣のある方は、足の前方に荷重がかかるため種子骨にも負担がかかります。靴選びは種子骨炎の症状を左右します。種子骨に負担のかからないサイズに合った靴を選ぶようにしましょう。

当院の種子骨炎施術とは

種子骨炎は痛みをごまかしながら生活することで症状は悪化。最悪の場合、外科的な手術が必要となる可能性すらあります。
早い段階で適切な施術をスタートすれば、早期改善が可能です。
種子骨炎のお悩みは当院にお任せください。

当院で施術を受けるメリット

1.悩みの原因を見つけることができます。

同じ種子骨炎でも、根本の原因や症状の程度は人によって異なります。つまり病名は同じでも施術法は違うということです。
当院では正常な骨格や可動域との比較、原因となる筋肉の特定、SFMA(選択的・機能的動作評価)など様々な視点から分析し、患者様お一人おひとりにあった最適な施術を行います。

2.専門的な知識を備えた国家資格保持者が施術

当院の施術スタッフは全員が厚生労働省許可の国家資格を持っています。
解剖学・生理学・整形外科学や経穴などの東洋医療など、さまざまな研修・セミナーを修了したいわば『身体のスペシャリスト』
実績のべ6万人以上の圧倒的な臨床経験を元に、安全で質の高い技術を提供します。

3.ホームケア、フォーム指導など治療以外のケアも充実

当院で過ごす時間は、患者様にとって一週間の内、わずか30分ほど。残りの時間をどのように過ごしていただくかで、施術の効果は大きく変わってしまいます。
そこで当院では、院での施術だけでなく院を出た後の過ごし方も重要視しています。
どのような身体の使い方をすれば痛みが出ないか?
もし痛みが出た時は家でどんなケアができるか?
などアフターフォローを徹底しております。

施術例

種子骨炎に特化した「東洋医学+科学的アプローチ」で早期改善へ

当院の施術は、患者様の症状・状態を「東洋医学+西洋医学」の観点から詳しくお調べすることから始まります。
現在、お悩みの症状がなぜ起きているのか?お身体はどんな状態なのか?を独自の検査によって導き出します。
検査結果を患者様ご自身に詳しくご説明した上で、それぞれの症状やお身体の状態、目指すゴールに合わせて最善と思われる施術プランをご提案します。
そのため、初診時には検査~施術終了までに約1時間ほど、お時間をいただいております。

● 鍼灸施術

鍼灸の歴史は非常に古く、約2000年以上も昔から続いている伝統的な医学です。「古臭い…」というイメージをお持ちかもしれませんが、それは誤解です。
実際、アメリカやイギリスなどの先進国でも医師と並んで、鍼灸施術は一般に受け入れられているそうです。
当院の鍼灸施術では、母趾を動かす筋肉に対してのアプローチや、炎症を抑制するための低周波鍼療法など、症状に合わせて最適な施術を選択します。

● 骨格矯正

偏平足やハイアーチなどの骨格の歪みが原因で種子骨炎を引き起こしている場合、鍼灸などで炎症を鎮めるだけでは不十分です。骨格矯正により足の構造を正しく戻すことで、種子骨炎の再発を防止します。

当院では患者様の症状に合わせてさまざまな矯正法を採用しています。

【矯正法の一例】

1.アクチベーター・メソッド
バネ式の器具で関節に振動を加えることによって、神経の命令がしっかり筋肉に伝わるようになります。そのため身体のバランスが整います。
2.トムソン矯正
上下に動く専用の器具を使い、振動刺激によって動きにくい関節を矯正します。
3.SOT療法
SOTとは仙骨(Sacrum)と後頭骨(Occiput)を調整するテクニックのこと。一次呼吸と言われる脳脊髄液の循環を整えることで、自然治癒力が高まり筋肉・神経の働きを高めます。

● テーピング療法

炎症が起きている間は疼痛緩和の施術と並行して、テーピング療法を行います。テーピングを行うことで、足の重心の位置と指の動きを補正することができます。
当院のテーピング術は【日常生活動作に支障がない】特殊なテーピングを行っています。
テーピングをしたまま日々のトレーニングはもちろん、日常生活も普段通りにこなしていただけます。

一口に種子骨炎といっても人によって症状や原因は様々です。
当院では徒手検査に加えて『骨格分析(静的評価)』と『SFMA(選択的・機能的動作評価)』という最新の検査を行いしっかりと評価し検査結果をふまえたうえで、あなたの症状に合わせたオーダーメイドの施術プランを提案いたします。


種子骨炎専門施術の料金

通常価格:
3,300〜6,600円
(初診時:別途初診料2200円)
※症状、施術内容、施術時間により異なります。施術前に必ずご説明させていただきますので、ご安心ください。

当院について

当院の施術者は全員、厚生労働省許可の国家資格を持っています。

〒657−0845
神戸市灘区岩屋中町4丁目3番14号 2階
詳しいアクセス方法はこちら>

TEL:078-779-1202

(スマホの方は番号をタップで電話がかかります)

営業時間日・祝
10:00~19:00
【24時間受付】LINE・WEBフォームからのご予約・お問い合わせ