三叉神経痛

同業者やアスリートも絶賛する
三叉神経痛 専門施術

のべ6万人以上の実績
同業者に指導する国家資格者が施術

岩屋駅徒歩1分

土日祝日も営業|予約優先制【いわや鍼灸整骨院】

いわや鍼灸整骨院では、
東洋医学に科学的アプローチを取り入れた、
三叉神経痛の専門施術を行っています。

こんな症状はありませんか?
「顔の片側が痛い」
「電気のような痛みが顔に走る」
「ほおからアゴにかけて痛む」

そんなつらい三叉神経痛でお困りでしたら、
当院にご相談ください!

当院の三叉神経痛専門施術

三叉神経痛とは

三叉神経痛という言葉はあまり耳なじみがないかもしれません。俗に言う「顔面神経痛」の正式名称がこの三叉神経痛。
三叉神経とは、顔の感覚をつかさどる神経の総称。顔に何かが触れた感覚や痛み、熱い・冷たいという温度感のほか、口や鼻の中に感じる感覚を脳に伝える役割があります。

その三叉神経が血管や腫瘍などによって圧迫。顔面の片側に痛みやしびれがおきる症状を三叉神経痛と呼びます。
症状がおきるのは発作的で、洗顔や歯磨き、食事などの日常の何気ない動作や顔に触れるタイミングで起こることが多いと言われています。三叉神経痛自体は直接、命にかかわるものではありませんが、顔に痛みが走るだけに日常生活に支障をきたす疾患です。

三叉神経とは

三叉神経は、その名の通り3つに枝分かれして頭部を走る神経です。それぞれ異なる領域の感覚を支配しています。

【第一枝領域:眼神経】
前頭部(おでこ)から眼球・鼻の先までの感覚を支配

【第二枝領域:上顎神経】
まぶたの下から上唇や歯茎までの感覚を支配

【第三枝領域:下顎神経】
下アゴから下唇、下の歯茎、ほおまでの感覚を支配
この下顎神経のみ運動神経があり、ものを噛む筋肉(咀嚼筋)も支配しています。

三叉神経痛がおこる理由

1.血管による三叉神経の圧迫

血管が三叉神経を圧迫することで生じる三叉神経痛。年齢を重ねることで起きる動脈硬化や、血管の奇形がその原因と考えられています。
それ以外に実は【自律神経の乱れ】も関係しています。自律神経は人間が意識することなく働く神経で、体温調整や各臓器の働き、消化や呼吸も自律神経が正常に働くことで正しく機能します。血管の調整を行うのも、この自律神経の働き。その時の環境や体調などに応じて血管を収縮・拡張させることで血流や体温調整などを行っています。
ところが自律神経のバランスが乱れると、収縮した状態からいきなり拡張したり、血流が悪くなり血管が膨張してしまうことに。そうすると血管が三叉神経を圧迫し痛みやしびれが生じます。

【自律神経のバランスが乱れる要因】
・寒暖差や騒音などの環境的な要因
・運動不足・病気・姿勢の悪さなどの身体的要因
・人間関係・仕事でのストレス・イライラなどの精神的要因 など

2.咀嚼筋(そしゃくきん)の過緊張

咀嚼筋とは、ものを噛み切ったり、奥歯ですり潰したりする際に機能する筋肉の総称。下アゴを上下・水平に動かす筋肉群のことです。

顎関節症や、食いしばりのクセがある方は、咀嚼筋に過剰な緊張を強いることになります。咀嚼筋の緊張は三叉神経の中でも特に下顎神経を圧迫し、三叉神経痛の症状を引き起こします。

3.腫瘍による圧迫

三叉神経痛のうち、約90%が血管が原因と言われています。
しかしまれに腫瘍による圧迫が原因となることもあります。三叉神経痛の症状が長く続くようであれば、類上皮腫や神経鞘腫の可能性もありますので、病院での検査をオススメします。

当院の三叉神経痛専門施術とは

三叉神経痛は現代医療をもってしてもいまだ原因が分からないことも多い症状です。
病院を受診してMRIなどの精密検査を行っても腫瘍や血管の奇形が見つからない場合も多く見られます。そうした場合、西洋医学の治療では痛みを抑えるために鎮痛剤での対処療法がおこなわれます。治療開始当初は薬の効果で痛みが引きますが、再発をくりかえす内に投薬の量が増えるというデメリットも。
そこで当院では腫瘍などの異常がない三叉神経痛には、以下でご紹介するような鍼灸施術や骨格矯正をオススメしています。

三叉神経痛は適切な処置を受けることで、早期改善が可能です。
症状を自覚したら早い内に施術を開始することをお勧めします。

当院で施術をうけるメリット

1.悩みの原因を見つけることができます。

同じ三叉神経痛でも、根本の原因や症状の程度は人によって異なります。つまり同じ症状でも治療法は違うということです。
当院では正常な骨格や可動域との比較、原因となる筋肉の特定、SFMA(選択的・機能的動作評価)など様々な視点から分析し、患者様お一人おひとりにあった最適な施術を行います。

2.専門的な知識を備えた国家資格保持者が施術

当院の施術スタッフは全員が厚生労働省許可の国家資格を持っています。
解剖学・生理学・整形外科学や経穴などの東洋医療など、さまざまな研修・セミナーを修了したいわば『身体のスペシャリスト』
実績のべ6万人以上の圧倒的な臨床経験を元に、安全で質の高い技術を提供します。

3.ホームケア、フォーム指導など治療以外のケアも充実

当院で過ごす時間は、患者様にとって一週間の内、わずか30分ほど。残りの時間をどのように過ごしていただくかで、施術の効果は大きく変わってしまいます。
そこで当院では、院での施術だけでなく院を出た後の過ごし方も重要視しています。
どのような身体の使い方をすれば痛みが出ないか?
もし痛みが出た時は家でどんなケアができるか?
などアフターフォローを徹底しております。痛みを感じず、平和な日常生活を続けていけるよう全力でサポートいたします。

施術例

三叉神経痛に特化した「東洋医学+科学的アプローチ」で早期改善へ

当院の施術は、患者様の症状・状態を「東洋医学+西洋医学」の観点から詳しくお調べすることから始まります。
現在、お悩みの症状がなぜ起きているのか?お身体はどんな状態なのか?を独自の検査によって導き出します。
検査結果を患者様ご自身に詳しくご説明した上で、それぞれの症状やお身体の状態、目指すゴールに合わせて最善と思われる施術プランをご提案します。
そのため、初診時には検査~施術終了までに約1時間ほど、お時間をいただいております。

● 鍼灸施術

三叉神経の圧迫を起こしている部位をメインに鍼施術をおこないます。顎関節症をお持ちの方には咀嚼筋の緊張を緩める施術を、冷えで痛みやしびれが誘発されている方にはお灸で循環の改善を図ります。鍼灸施術には自律神経のバランスを整えるのにも効果的です。

経穴などの東洋医学的アプローチも症状に応じて取り入れ、血流促進、自律神経の調整によって自己治癒力を高め身体を治そうとする本来の能力を引き出します。

● 骨格矯正

姿勢の悪さにより自律神経のバランスが乱れ三叉神経痛を発症している場合には、骨格矯正も有効です。特に猫背姿勢の方は、骨格のゆがみから関節の可動域が狭まり周囲の筋肉の緊張へとつながります。すると血流の悪化・身体の疲れなどによりストレスがかかり自律神経のバランスが乱れていきます。そのストレスから解放するために骨格の矯正は必要と言えます。

当院では患者様の症状に合わせてさまざまな矯正法を採用しています。

【矯正法の一例】

1.アクチベーター・メソッド
バネ式の器具で関節に振動を加えることによって、神経の命令がしっかり筋肉に伝わるようになります。そのため身体のバランスが整います。
2.トムソン矯正
上下に動く専用の器具を使い、振動刺激によって動きにくい関節を矯正します。
3.SOT療法
SOTとは仙骨(Sacrum)と後頭骨(Occiput)を調整するテクニックのこと。一次呼吸と言われる脳脊髄液の循環を整えることで、自然治癒力が高まり筋肉・神経の働きを高めます。

三叉神経痛専門施術の料金

通常価格:
3,300〜6,600円
(初診時:別途初診料2200円)
※症状、施術内容、施術時間により異なります。施術前に必ずご説明させていただきますので、ご安心ください。

当院について

当院の施術者は全員、厚生労働省許可の国家資格を持っています。

〒657−0845
神戸市灘区岩屋中町4丁目3番14号 2階
詳しいアクセス方法はこちら>

TEL:078-779-1202

(スマホの方は番号をタップで電話がかかります)

営業時間日・祝
10:00~19:00
【24時間受付】LINE・WEBフォームからのご予約・お問い合わせ